クレジットカードのチップの書き方!含む含まないパターンごとに解説

      2017/11/08


アメリカやハワイ旅行で、レストランのクレジットカードの書き方にとまどうことはありませんか?

例えば、チップを端数まで書かなければいけないの?とか、

Not included (ノット・インクルーデッド)って何?・・・とか。

チップだけ現金で払いたい場合や、あらかじめ引かれていた場合によっても異なります。

クレジットカードの用紙の書き方について、パターンごとに解説します。

クレジットカードで払う方法は3種類

レストランの食事代をクレジットカードで支払う場合、次の3通りがあります。

  1. チップ込みで全額、クレジットカードで払う
  2. チップは現金で払い、食事代はクレジットカードで払う
  3. チップ代10%があらかじめ組み込まれていた場合

それぞれについて、書き方を解説します。

例として、このように設定しました。

レストランの食事代・・・28ドル56セント

チップ・・・・・・5~6ドル

では、ご説明していきますね。

チェックをもらった後クレジットカードを渡すと、サーバー(ウエイトレス・ウエイター)は次のような2種類の紙をもってきます。

●Merchant copy →店用
●Customer copy →お客様控え

カスタマーコピーは自分用の控えですので、
マーチャントコピーの用紙に記入していきます。

スポンサーリンク

クレジットカードで全額払う方法

金額らんは、このように書かれています。

Amount $28.56
Tip ___________
Total _________

チップ込みで33ドル払いたい場合は、

Amount $28.56
Tip ____________
Total $33.00

チップ欄は空欄でOK。
細かい計算を書かなくてもいいですよ

ただし、合計欄は$33.00と書くこと。

ドルマークから、小数点以下2ケタまでしっかり記入してください。こうすることで、133ドルなど追加で数字を記入されることを防ぎます

まぁ、悪意のあるレストランなんてほとんどないんだけど、自己防衛はしときましょう。

お好みで、このように区切りのよい数字にしてもいいです。端数まできっちり計算してもいいですよ。

Amount $28.56
Tip 5.00
Total $33.56

サイン欄にサインを入れて返します。

食事はクレカ、チップは現金で払う場合

食事代 28.56ドルをクレジットカードで払い、チップは現金で渡したい場合はこのように書きます。

Amount   $28.56
Tip     cash
Total    $28.56

チップの欄に cash と書いてトータル欄は元の金額を書けばOKです。

サインした紙と現金のチップをサーバーに渡します。

スポンサーリンク

チップ10%が勘定に入っていた場合

チェックをもらったら、チップ10%が込みの金額だった!

その場合はこのように書かれています。

Subtotal   $28.56
10% SVC    $2.85
Total    $31.41

SVCとはサービスチャージのことで、Tip、Gratuityと書かれていることもあります。グラテュイティとは心付け、の意味でチップと同じものです。

このままの金額を支払う場合は、何もしなくてもOKです。

ただ、このように書かれている場合があります。
   ↓

Subtotal   $28.56
10% SVC    $2.85
Total     $31.41

Tip not included _________
Total    ________________

(Tip not included とは、金額の中に入っていないチップのこと。追加で払う場合の記入欄です)

$31.41をそのままを払うのであれば、Tip not included と Total の空欄に、大きな斜め線を引くなどして(書き込みできないよう)打ち消しするとよいでしょう。

サービスに満足したので、もう少し追加してあげたい、という場合には、このようになります。

Subtotal   $28.56
10% SVC    $2.85
Total     $31.41

Tip not included  $2.00
Total       $33.41

Tip not included 欄に追加したい2ドルを書き込み、トータルを記入します。

こうすると、10%のチップに2ドルを上乗せしたことになります。

まとめ

レストランでクレジットカードで支払う場合の用紙の書き方についてご案内しました。

クレジットカードの支払書を書く時のコツは、空欄を作らないことです。

不必要な欄があれば、斜め線やバッテンなどで消すと、数字を追記される心配がありません。

追記するようなひどいレストランはほとんどありませんが、旅先のことですから「転ばぬ先の杖」で身を守ることも大事です。

お役に立てば幸いです。ステキな旅を!

↓こちらの記事もどうぞ♪
チップの渡し方からお釣りのもらい方まで!ネイティブが使う簡単英語とは?
海外旅行で英語が話せなくてもOK!中1レベルで簡単に会話する方法

スポンサーリンク

 - 旅行英会話