ハワイのベローズビーチの雰囲気は?行き方、時間、駐車場をチェック

      2017/12/23


スポンサーリンク

ハワイのベローズ・フールド・ビーチパーク!

美しさで人気のラニカイビーチの南、3kmほどのところにあります。

↓地図ではこのような位置です。

ベローズ・ビーチパークはアメリカ軍の基地の中にありますが、週末には一般開放されています。美しい砂浜の、隠れ家的なビーチです。

オバマさんも大統領時代の2015年にバケーションで訪れたそうですよ。

ベローズ・ビーチパーク、さっそくどんなところか見てみましょう♪

ベローズビーチは空軍基地の中

ベローズビーチはアメリカ空軍基地の中にあります。車でオアフ島の東側、72号線を走っていると、ワイマナロでこのようなサインを見つけることができます。

サインの所を入るとすぐに入場チェックの小屋があります。週末の一般公開中は特に誰も立っておらず、そのままスルー。一本道をそのまま道なりに進みます。基地の中なので、車の制限速度はゆっくりめです。

走っていると道の両側はうっそうと木が茂っていています。「海に来たのに森みたいやな~」と思いつつ走ると、このような高いフェンスがあったり、基地感満載です。

↓入場から何分か走ったところで、やっとビーチが見えました。

↓少し走るとこのように開けた所があります。おすすめのビーチに到着です。

↓駐車場はすぐ向かい側にあります。この広さを3台で貸し切り状態!

スポンサーリンク

ベローズビーチの様子

さっそくビーチへGO!

ビーチの幅が広くてびっくり!
どこまでも続くこの長さ!
おまけにずーっとフラット!

この広大な感じは、さすが基地。
来てるの1組だけやん!ベローズ2組で貸し切り状態です~

左を見ると、ラニカイ方面。モクヌイ・モクイキの2つの島が見えます。

右を見ると、マカプウ、シーライフパーク方面。沖にはラビット島が見えます。こちら側から見ると、うさぎが寝そべっている形には見えませんね。

人は少ないし、ビーチは広い。海は青いし、きれいだな。というわけで、このようになります(笑)

↓どの子かが作ったサンドキャッスルがあります。砂は細かくてなめらか。すごくきれいなビーチです。

ベローズは1917年に軍の保有地になりました。滑走路もあって第二次大戦中は飛行場として使われたそうです。今はランウェイは閉鎖されましたが、マリンコーの貴重な着陸訓練場になっています。

そういえば、人が少ない割に砂浜に足跡が多いなぁ、と思っていました。日頃はたくさんのマリンズが上陸の訓練をしているのでしょうか。映画「ダンケルク」の風景に似ているような‥。基地の中ですが、一部でもこうして一般開放してくれるのありがたいことですネ。

オバマ元大統領は2015年のクリスマスバケーションでここに来られました。基地内は警備がしやすいという理由もありますよね。
ビーチの後は、カイルアのアイランドスノーのシェーブアイスを食べたそうです。その後は、カハラホテルのHoku'sで4時間のディナー。お腹空いてたんでしょうかね

↓午後4時。ベローズビーチはだんだん風と波が強くなってきました。

さきほどのビーチから車でさらに進むとキャンプ場があります。この中にトイレやシャワーなどもあります。キャンプ場の中は「許可車両含む3台のみ入場可」と書かれたサインがありました。

高い木がたくさんあって、小さい実がいくつも落ちていました。やや固いです。形がかわいい!

↓さらに進むと道にはバンプがあり、セキュリテイチェック小屋が出現。ここからは軍のID保有者のみ通行可、ということでUターンします。

↓来た道を戻り72号線に出ると、山の峰と雲間からさす西日がきれいでした。

ベローズビーチのチキン屋台

ベローズビーチの入口に出ているフリフリ・チキンのフードトラック、コアラ・モア・ロティセリー・チキン。

楽しみにしている方も多いのでは?

こちらの営業時間は、毎週日曜日、午前9時45分から午後4時までです。

日曜日が大晦日になっても開いています

ベローズビーチの注意事項

私は昔ベローズに行った時、くらげに刺されたことがあります。

張り切って海に入って1分。太ももにまるでガラスで切られたような鋭い傷みが・・・。流血している感覚なんですけど、表面にはなんの変化もなく。そのうちだんだんと赤い線が浮き出てきました。

急いでライフガードに伝えたら、「ジェリーフィッシュだよ。応急処置はオシッコか塩をかけること」と言われました。

ハワイではクラゲが多いので、ビーチへ行かれる時には注意してくださいね。クラゲの発生は満月から数えて10日近辺が多いと言われています。ハワイのクラゲカレンダーは>こちらです。

それから、ベローズピーチの注意事項はこのようになっています。

一般利用時間は、金曜日の正午から日曜日まで。

ビーチでは、ペット、キャンプ、焚き火、車両またはATV(バギーなどの車両)、ゴミ捨て、砂の持ち帰りは禁止です。

ベローズビーチでは食べ物がなく、売店もありません。バンの屋台はいつ出没するか分かりませんので、飲み物くらいは持参したほがいいかもしれませんね。

ベローズビーチの行き方

ベローズ・ビーチパークへのアクセスは、車がおすすめです。72号線のワイマナロを通ると「Bellows Air Force Station」のサインがありますので、そこを入れば一本道です。

バスをお考えの場合は、近場のバス停からビーチまで約30分歩くことになります。下の地図でバス路線を確認できます。

ハワイの東側にある、ベローズ・ビーチパークについてお伝えしました。人が少なく、砂浜がきれいでゆったり。プライベートビーチ感いっぱいの所でした。

ハンモック持参で家族がキャッキャッと遊んでいます。ガールズを相手に、お父さんは休日も大活躍。いいね!

今日も、ハワイ在住「やすみんのハワイブログ」にお付き合いくださり、ありがとうございました。あなたのハワイの旅が、ステキな思い出に満たされますように\(^o^)/\(^o^)/

スポンサーリンク

 - 観光スポット