やすみんのハワイブログ

アメリカ生活20年のハワイ住民がハワイ・アメリカ、旅行や暮らしの情報をお届けします♪

ハワイの服装メンズは何を着る?おしゃれ旅行者を現地からレポート!

      2017/09/20


ハワイ旅行が近づいてくると、迷うのが男性の服選び。服に興味がない男性も、シンプルでさりげなくおしゃれにしたいですよね。

「ハワイって確か常夏だから、夏服をそのまま持って行けばいいさ」

そう思って日本の夏服で過ごすと、ちょっと残念なことになってしまうかも!

ハワイのロコはとてもラフな服装。一方で、世界から観光客の集まるハワイではリゾート慣れしたおしゃれな男性も多いんです。

旅行の服装の計画を立てる前に、実際のハワイの様子をのぞいてみませんか?

ハワイ在住の私やすみんが、ワイキキ、アラモアナでおしゃれなハワイ旅行者をウォッチしてみました!現地ならではのおすすめポイントや、夏季・冬季の服装の違い、モテ服のコツついてもお伝えします。

あなたのハワイ旅行をたっくさん楽しむために!!ぜひお役立てください(*^ ^)v

スポンサーリンク

Tシャツ編+短パンがおすすめ!

ハワイの服装で最も多いのが「Tシャツ+短パン」のコーディネート。ハワイの暑い日差しの下では、着ていて涼しく、見た目も涼しげ。カジュアルでさわやかな感じは女子ウケも抜群。ハワイではどんな年代の男性にもおすすめです。

Tシャツは白から色柄、基本どんなものでもOK!ショートパンツは色味の違ったものを2枚ほどもっていれば5泊程度の旅行で組み合わせて過ごせます。

↓ボーダーのTシャツ。パンツは柄物以外ならどんな色でも合わせやすい。ハワイでは、足元はカジュアルなサンダルを履く人が多いです。

↓太めのボーダーもおしゃれ。派手な色だけどコンビの色で派手さがうまく抑えられたシャツです。

Tシャツを選ぶなら・・・

Tシャツ+パンツの組み合わせ、シンプルで着ている人が多いだけにどこかで差をつけたいですよね。

ご紹介したボーダーの他にも、胸や背中のプリントもの、ポケットのデザインもの、そで口やすその小さなタグなど、無地でもちょっとポイントがあると人の視線が集まります。ただし、胸一面のブランドロゴやキャラクターものは避けたほうがいいですよ。

↓プリント少なめの単色Tシャツには、柄物パンツもアリ!
こちらはトロピカルな地模様がハワイっぽいショーツ。色味が抑えられているのできれいです。リュックサックの場合は、足元はズックやスニーカー、デッキシューズなどが軽快に見えます。

ビーチが近いハワイでは、水着(サーフパンツ)を着るメンズも多いです。

水着がそのまま街歩きできるように作られたサーフパンツ。やすみんが住んでいたカリフォルニアでも、ヤングの水着はこちらが主流でした。着やすくて色柄がはっきりしているので、ワイキキのファッションにおすすめです。

サーフパンツで気をつけたいのが長さとゆるさ。ピチッとしたり、短い丈はキモい系になってしまうのでご注意です。

↓これが限度。これより短いもの、タイトなものは避けるといいです。
サーフパンツは柄ものが多いので、トップは無地のTシャツが似合います。

サーフパンツを探すなら、こちらがおすすめ♪
↓ ↓ ↓
サーフパンツの専門店 SAFS TOKYO

ネットショップをいろいろ検索したけど、ここはセンスよくバリエーションが豊かでした。色・柄もケバくなくていい感じ♪ハワイでも日本でも女子ウケするモテ水着がいっぱい!

インナーパンツ(スイムインナー)もヌカリなく!
水着のスケ感をなくし、見せパンにもなるインナーは今や主流。チラッと見えるゴムの部分のデザインに女子はドキッ☆まだスイムインナーを持っていない方は、上のサイトからチェックしてみて!

シャツスタイルのおすすめは?

ハワイでアロハシャツを着たい!という場合には、こんな組み合わせはいかが?

↓植物が描かれたボタニカル柄は、リゾート感覚いっぱい。黒地のアロハに白いパンツがリゾートっぽいです。
きっちりと分けた髪型にサングラスが似合っていますね。かかとにベルトのあるタイプのサンダルは、合わせやすくてハワイでは重宝です。

↓大人アロハには帽子もGood!パンツの色をビビッドにして遊んでますね。

↓ポロシャツなら、トラッドなデザインよりゆるめのカジュアルなほうがおすすめ。

おしゃれ&きれいめ系カジュアル

プリントやロゴのTシャツのイメージが多いハワイだけど、おしゃれできれいめなカジュアルに装うなら、こんなスタイルもアリ!

↓デザイナーもののシャツを着たモード系カジュアル。シャツのすそに小さなワンポイント、肩から袖に布の切り替えがあります。
遠くから見るとシンプル、近くで見るとさりげなくおしゃれなデザインは女子からの好感度大!
ショルダーバッグはマチがなく薄手なのですっきり見えます。足元は歩きやすいバックサンダル。

↓シンプルなシャツとパンツの組み合わせ。トートバッグとズックが街歩き&ショッピングに合ったスタイル。

↓こちらはスリムフィット・シャツとロングパンツのモード系ボーイ。長ズボンのすそをロールした足首見せで、暑苦しさが和らぎます。

スポンサーリンク

ロコのカジュアルに学ぶ!

ここまでハワイの観光客を中心に見てきましたが、ハワイの地元民の服装をちょっとのぞいてみましょう。

↓ロコの学生、ほんとシンプルですね。この黒パンツはおそらくゴムパン!持ち物はロコや欧米系の人は、手ぶら又はバックパックがほとんど。アクセサリーはナシか、ペンダントやアンクレットなどを少しだけ、が多いです。

↓サーファー風の地元民。鍛えているとシンプルな服装でサマになるね。

↓加圧シャツで今からカラダを意識してみる?

↓Tシャツがシンプルなら、ボトムのショーツは柄物が合いますね。迷彩柄なら、はっきりしたものよりこんな微妙なカモフラージュがおしゃれ。
日本ではハットをかぶる人が多いけど、ロコのティーンやヤングはキャップ率が多し!日よけ+ファッション+寝グセ対策、ですね(笑)

冬季と朝晩は肌寒い!

常夏のイメージが強い南国ハワイ。
こちらでも季節は夏冬あり、冬は11月から4月。この時期は朝晩は涼しく、長袖のシャツまたは、半袖シャツに薄手のパーカーやカーディガンを羽織るとちょうどよい感じになります。

↓Tシャツの上に羽織る脱ぎ着しやすいスタイルがおすすめ。日中は暑くなるので半袖でOKです。

冬の時期以外でも、朝晩涼しかったり、冷房のきいているところの多いハワイ。夏でもこんな服装の人もいます。
パーカーで差をつけるなら、おしゃれっぽいロゴものもいいね。

また、11月~4月頃は雨が多い時期。さっと降って1時間程度で止むシャワー雨も多いけど、半日ほど続く場合もあります。お出掛け前にハワイの天気予報をチェックして、カサを持参するかどうか決めるといいですよ♪

スポンサーリンク

大人&シニアのハワイファッション

ハワイの旅行ファッション、どんな年代でも基本的にはこれまでにご紹介した[シャツ+パンツ]スタイルでOK!
でも、実際に旅行者がどんな服を着ているか気になりますよね。さっそく見てみましょう♪

↓お子さまと白がおそろいの爽やかパパさん。短パンに抵抗がある…という大人男性は、8、9分丈を選ぶのもアリ!足首を見せると、暑苦しさがなく涼しげです。

ロングパンツをロールアップする場合は、すそがあまり広がってないものを選ぶといいです。その場合は、サンダルやローカットのスリップオンなどが脚長効果があります。

↓こちらはロングパンツのカジュアル。シニアもシャツ+パンツで快適に。シャツはえりなしでもOKです。

↓サーフパンツでアラモアナセンターをショッピング中の男性。シニアもこんなサーフパンツならGOOD!柄は派手でも色味が落ち着いているとおしゃれな印象です。ダーク系のTシャツも合っていますね。

↓こちらは綿パンがお揃いのシニアのご夫婦。歩くことが多いハワイの観光では、こんなスタイルの外国人も多いです。帽子・水・ショルダーバッグで快適さ重視。ソックスはご主人の長いものより、奥さんのような短めのスタイルにするのをお忘れなく!!

ハワイの男性向けドレスコード

ハワイの普通のレストランなら、ディナーでも短パンとサンダルでもOKなところがほとんどです。ホテルなどの高級レストランはこちらのドレスコードを参考にしてください。

●ロングパンツとえり付きのシャツ(ポロシャツは避けたほうが無難)

●できれば革靴。(スニーカーやビーチサンダルは避ける)

ハワイではアロハシャツは正装です。背広はなくてもOKです。ドレスコードについて、詳しくは予約の際に店に確認するとよいです。(お店は確認されるほうが嬉しいので)

おすすめの機内ファッション

飛行機の機内では、寒さ対策をしておくようにしましょう。アメリカ系の航空会社では冷房がきつめです。風邪をひかないように脱ぎ着できるものがベスト。

機内では、長ズボンがおすすめです。

スーツケースが大きい時や小さい子のいるパパさんは、両手が使えるリュックサックがいいですね。

離島への日帰り旅行には、こんなカジュアルスタイルもいいね。

スポンサーリンク

これは避けたいNGファッション

実際に日本からの旅行の服装で、ちょっと変えるとカッコよくなるのにな~という例をご紹介します。


左)ハイカットのスニーカーは、短パンには足が短く見えてしまうのでNG!この色のシャツとパンツの組み合わせは全体にぼんやりしているので、どちらかを濃い色にしてメリハリをつけるとよくなります。

右)スポーツウェアのような横にラインのある短パンは部活の延長みたい見えるので外出にはNG!パジャマとしてならラクに寢らていいのだけど…。


右)素足に革靴をあわせるなら、短パンより足首が見える8、9分丈がおすすめ。素足に革靴は一歩まちがうとキザな感じに見えるので、靴選びは注意が必要。足の甲をすっぽり覆うものより、デッキシューズやモカシンなどカジュアルな革靴にしたほうが無難です。

左)こちらは、ズボンのすそをロールアップしたためにさらにピチピチ感が強調されています。短パンはほどよくゆるめに。

その他にも、こんなことを気をつけるといいですよ♪

●半ズボンは長さに気をつけよう!太ももがしっかり隠れるものを(短いとちょっとキモい系に…)。ひざより少し上か、ひざのあたりの長さがおすすめです。

●上下とも同じ柄物セットアップはハワイではほぼ見かけません。チャラく見えて女子ウケもあまりよくないので避けたほうが無難です。

●ハワイでは歩くことが多いので、疲れない靴がおすすめです。
ビーチサンダルなら、底が厚めで緒がゆるくなくしっかりしたものが歩きやすいです。でも、ビーチに泳ぎに行く時は、盗難対策で使い捨て覚悟の安いものにするというテも。持ち物はABCストア袋のようなチープなものに入れちゃったほうが安心。

●かかとにベルトのあるサンダルは、足にフィットするので歩きやすいです。短パンとの相性もいいですよ。

アロハシャツ購入の失敗例

ハワイに来て「アロハシャツを買ってみようなかな~」と思ったら、こんなことに注意して!

アロハシャツって、若い人が着るとおじさんっぽくなってしまうんです。

もともと着物や浴衣の柄をルーツにするデザイン。ハワイのアロハシャツはゆったりしていてそでも大きく、開襟のこんなえりだと、かなり残念なことになってしまいます(◞‸◟)

所さんやさま~ずなど芸能人が着ているるのを見て勢いで買ってしまうと、日本で着ると浮いてしまったりチャラく見えてしまうので要注意。
選ぶ際には、鏡で顔映りを確認して!大きい柄より小さい柄のほうが日本人には合いますよ♪

ハワイ在住、「やすみんのハワイブログ」にお付き合いくださり、ありがとうございました!
あなたのハワイの旅が、たくさんの楽しい思い出で満たされますように\(^o^)/\(^o^)/

スポンサーリンク

 - ハワイ全般, ファッション