ミリタリーワッペンの意味と位置、ルール解説

      2017/10/05


ミリタリーのワッペン(パッチ、タグ)の意味と位置について解説します。

ここでは、米軍(アメリカ軍)、海軍のカモフラージュを例にとっています。

スポンサーリンク

海軍(ネイビー)のケミ(カモフラージュ)はドレスユニフォームに比べてややシンプルです。

IMG_5074

  1. ネームパッチ
    ラストネーム(姓、苗字)がアルファベッドでステッチされたパッチ。
  2. ランクパッチ
    階級を表しています。両方のえりの先につけます。
  3. Warfare patch (ウォーフェアパッチ)
    エアー、サブマリン、コンストラクチャリングなどの団を表す。
  4. ブランチサービスパッチ
    Navy, Army, Air Force, Marine Corpsなどの軍種を表す。
  5. Warfare speciality patch (ウォーフェア・スペシャリティパッチ)
    3に付随・補足するもの。つけない場合もあります。

パンツは右ポケットのカバーにネームパッチのみ付けます。

IMG_5076

現在、アメリカ海軍のカモフラージュは、海上勤務は紺色(ダークブルー)のデジタルカモフラージュがメインになっています。(陸上の砂漠勤務ではデザートタンのカモフラージュもあります)

海軍のカモフラージュではない一般の制服(ユーティリティー・ユニフォーム)は2010年からパッチではなく、ピンバッチに変わりました。

スポンサーリンク

 - 暮らし