やすみんのハワイブログ

アメリカ生活20年のハワイ住民がハワイ・アメリカ、旅行や暮らしの情報をお届けします♪

ハワイのお土産ランキング!現地民の私が実際に買ってるおすすめ23選

      2017/04/05


こんにちは、やすみんです。

今日は、おすすめのハワイお土産をランキング形式でご紹介します。

アメリカ生活20年の私が、日本に里帰りするときに実際に買っている、ハワイ、アメリカのお土産品!

これまで贈って喜ばれたもの日本では珍しいもの日本で買うと高いものリスエストのあったものなど、回を重ねて改良してきたお土産リストです。

はじめてハワイを訪れる方から、ハワイを知り尽くしたリピーターさんにもお役に立てると思います。

さっそく、1位から発表していきます。定番でよく知られたものもありつつ、地元民でなきゃ気づかない、というものがあるかも!
最後までどうぞごゆっくりお付き合いください(^-^)

記載した価格は、ハワイの一般的なスーパーで買える値段です。店や場所、時期によっても違ってきますので、ざっくりとした目安にお役立てください。

スポンサーリンク

ハワイのお土産1位 マカダミアナッツチョコレート

みんな大好き、マカダミアナッツ・チョコレート!

ほぼ、みんな大好き(笑)、ハズレなし。
そして、「ハワイに行きました!」というご当地感があるのがいいところ。

贈答にできる箱入り菓子の少ないアメリカでは、貴重な存在です。

お手軽価格なので、多めに買っておいても、帰ってきてからお土産の買い忘れのある場合に役に立ちます。

サイズもいろいろあります↓

上の円形のものは、ハワイアンホースとのバラエティパック。1袋に2つチョコレートが入って、3種類・36袋入りです。写真では小さく見えますが、ちょっした洗面器のような大きさがあります。

お値段は25ドルほどなので、1袋にすると約70セント。個別包装なので
バラマキ土産
にしたり、家族の多い親戚にポンと渡したりするもよし。

左側は、ハワイアンホーストのコナ・キャラマックス。コナコーヒーのフレーバーが入った大人の味わいのチョコレートです。目上の方へ渡したりするのに便利。10個入りで価格は6ドル程度です。

右のチョコは箱の大きさが半分。砕いたナッツが入っているため価格は安めの2.5ドル程度。他のお土産と組み合わせたり、ほんの気持ち…でお渡しするのもよし。

円形の容器に入ったチョコレートは、このような個別包装になっています↓

18袋入り、約15ドルもあります↓

ハワイのお土産2位 ROCA(ロカ)

アメリカのお土産で人気急上昇のロカ(ROCA)!

とても美味しくて、お土産品にはおすすめです!!

↑まん中のキャラメル状のものは、バターを煮詰めて作られたもので、カリッとした食感が特徴です。
外のクラッシュ・アーモンドと相まって、とてもリッチで濃厚な味わい。食べはじめるとと1つでおさまらず、次々と手が伸びてしまいます。

ロカの種類は、アーモンド、マカデミア、カシュナッツ、ダーク、の4種類。

カシューはまだ食べたことがありませんが、3つの中ではオリジナルのアーモンドが一番おいしいです。マカデミアはちょっと期待外れでした。

缶入り、袋入りなど、6ドルから20ドル程度のものまであるので、予算に応じて選びやすいです。

ハワイのお土産3位 ナッツ

こちらもハワイの定番、マカダミアナッツ。

この箱には3つの缶が入っていて、14ドル程度。味の種類は、塩味、ハニーロースト、オニオン&ガーリックなどがあります。

アメリカはナッツの種類が豊富で、日本のスーパーと比べて少し安い、という印象があります。ナッツ好きの方や、甘いチョコレートが苦手な方へ、また自宅用のお土産にいかがでしょう。

むきピスタチオ、約7ドル↓

また、アメリカでは人気ですが、日本では珍しいナッツに、「ピーカンナッツ」があります。形はくるみを少し縦長にしたような形。味もくるみに近く、パイなどによく使われます。

ハワイのお土産4位 コナコーヒー

ハワイ原産のコナコーヒーも、お土産に便利です。メーカーやサイズが色々選べます。

アメリカのコーヒーが日本と違うところは、フレーバーの種類が多いこと。

例えば、「フレンチバニラ」「ヘーゼルナッツ」「チョコレート・マカデミア」「シナモン」などがあり、いつもと違うコーヒーにいかがでしょう。妊婦さんやシニアの方へは、カフェイン抜きの「ディカフ」を選ぶとよいですね。

ハワイのお土産5位 ドライフルーツ

アメリカのお土産で、ナッツと並んでおすすめなのが、ドライフルーツ。

日本よりずっと安くて、種類が豊富。日本ではあまり見かけない珍しいものもあります。

レーズン(赤・緑)、チェリー、クランベリーなどがスーパーでよく売られています。

いちじく(fig)、アプリコット、プルーン、バナナチップス、ジンジャー、アップルチップス・・・など珍しいものなら、オーガニック系スーパーに豊富な種類があります。

ドライフルーツの中で、私のおすすめは「デーツ」
ヤシの木になる実で、とても甘く、クセのない味が特徴です。

実は5センチくらいの大きさで、一口かじると「これ砂糖漬けじゃないの?」と思うほどに甘いです。でもこれが100%自然の甘さ。

糖度が高いのでシリアルやグラノーラとの相性もバツグン。小さくチョップされたものも売っています。ヘルシー志向のお友達によいかも。

ハワイのお土産6位 リンツのリンドール

Lindt(リンツ)は、スイスのチョコレートメーカーで、アメリカのスーパーではだいたいどこでも手に入ります。

日本でもリンツの専門店が増えてきましたが、アメリカのどこでも買える美味しい定番品ということで、お土産にお渡ししてもよいと思います。

リンツでおすすめなのは、なんと言ってもトリュフの「リンドール(Lindor)」

中のフィリング部分がとても美味しく、外のチョコとの相性がバツグン!味はゴディバと比較にならないほどおいしいです。

フレーバーはたくさんあり、どれもおいしいです。
スーパーで売られている、20センチくらいの袋。うろ覚えですが、8~10個くらい入っていると思います。価格は4ドルくらい。お土産には、各種入ったアソ―デッドを選ぶとよいかも。

個人的には、板チョコの「エクセレンス・バー」のカカオ70%をよく食べます。

カカオの量は66%から99パーセントまであります・・・(99て!)
板チョコも、カカオの量やフルーツ・フレーバーの種類が豊富です。気軽なご自宅用にいかがでしょう。

スポンサーリンク

ハワイのお土産7位 マカデミアポップコーン

正式名称「マカデミアポップコーン・クランチ」。

キャラメルコーティングされたポップコーンとマカダミアナッツが入っています。甘いけどおいしくて、食べはじめるとなかなか止められないっ!

こちらは30センチに近い大きいサイズの容器に入ったもので、15ドル程度。半分のサイズもあります。

ハワイのお土産8位 ジンジャーキャンディ


ショウガ好きの方に絶対おすすめ
なのが、プリンス・オブ・ピース(太子牌)社のジンジャーキャンディ。

ショウガのエキスがしっかりと感じられる味で、ショウガの辛味とほどよい甘味が口の中いっぱいに広がります。

今までトレジョのグレイズド・ジンジャーや韓国産のジンジャーティーなど、色々なショウガの加工食品を試してきましたがっ・・・

これがいちばんおいしい!!(しかも激安1.2ドル)

ソフトキャンディで、口に入れると歯にくっつきます。噛んでいると2、3分で食べ終わりますが、すぐにまた次が食べたくなってしまう・・・。

ハワイでは地元スーパーや、チャイナタウンの道沿いの小さな雑貨店で購入できます。生産国はインドネシア。

ショウガの好き嫌いで別れるところですが、好きな人には感激モノのおいしさです~~

ハワイのお土産9位 パンケーキミックス

ハワイといえば、パンケーキ!

親しい人へのお土産なら、スーパーで2ドル程度で購入できるパンケーキミックスが美味しくておすすめ。

左から「バナナ&マカデミア」「ブルーベリー&アサイー」「ストロベリー&グアバ」。この中では、バナナ&マカデミアが一番よかった!

一枚で15センチほどのパンケーキが3~4枚作れます。
作り方に乗っているカップの表示は、アメリカのカップサイズなので、「1カップ=約240ml」に換算して水を注いでください。

ハワイのお土産10位 グラノーラ

穀物がぎっしり入ったグラノーラ。


ヨーグルトと相性がよく、ヘルシーで、女子ウケ
するお土産の上位にくるかも!

340g入りのこちらの袋で、価格は3、4ドルほど。

穀物のほかに、ナッツやドライフルーツ入り、ハニーや黒糖などのフレーバーがあるので、お好みでどうぞ。

ハワイのお土産11位 ハーシーズのシロップ

ハーシーズのチョコレート・シロップ・・・

甘くてドロッとしたチョコレート・ソースですが、色んな使い方ができて便利なんです。

例えば、クレープやアイスクリーム、ワッフル、パンケーキのトッピングに。

ボトルを傾けてちょうどドロッと出てくる時に、手首を素早く左右に振ると細い線を描くことができます。
↑チョコバナナ・クレープには欠かせません!

また、牛乳と混ぜると、アメリカの子供が大好きな「チョコレートミルク」になります。

ハーシーズのシロップには、他にストロベリー、キャラメルのフレーバーがあり、どれもおいしいです。

他のブランドのチョコレートシロップを試したことがありますが、味はハーシーズが一番

写真のボトルは680g入り。結構使いごたえのある量で、価格は2ドル台。開封後は冷蔵庫で長く保存できます。

ハワイのお土産12位 ホースラディッシュ

日本では、ビーフステーキにワサビをつけて食べたりしますが・・・

ワサビだと、ちょっと辛すぎませんか?

そう思っている方におすすめなのが、ホースラデッシュ・ソース(西洋ワサビ)。

味は、すりおろし大根にワサビを少し混ぜたような感じで、少し鼻にツンと抜ける辛みがあります。それがこってりした
ステーキの脂と相性がいい
んですよ~。和食に慣れた日本人の舌にうまく合うと思います。

小瓶に入って売っているので、ご自宅用のお土産にぜひいかがてしょう。

ハワイのお土産13位 トブラローネ

先ほどスイスチョコのリンツがでてきましたが、スイスつながりでもう一つ「トブラローネ」というチョコレートをご紹介します。

スイスチョコですが、アメリカでも古くからスーパーで売られています。三角すいの形が特徴の、長さ20センチくらいのチョコレートです。
チョコレートの味わいが濃く、中に少しだけ入ったハチミツとアーモンドのヌガーとの相性がよいです。

中を開けると、このようにギザギザの形をしています。

トブラローネを食べる時は、必ず冷蔵庫で冷やしておいてください。シャキーンと硬いチョコレートのギザギザの割れ目を、カキンと歯で割りながら食べるのがだいご味です。

甘ったるいチョコレートの多いアメリカのスーパーの中で、トブラローネは(明治のチョコみたいに!)フツーに信頼して買える、昔ながらのチョコレートです。

ハワイのお土産14位 フェイマスデイブズのピクルス

ポークリブで有名なアメリカのレストラン「フェイマス・デイブズ」。

ここの「シグネチャー・スパイシーピクルス・チップス」ががとても美味しいのです!

甘味の多い酢に漬けられていて、丸ごと入ったブラックペッパーの辛さとの相性がバツグンです。ビールのお供に、そのままつまんでも美味しくておすすめです。

ハワイのお土産15位 Kashiのクッキー

グラノーラやグラノーラ・バーなど、ヘルシー系食材のメーカーKashi(カシ)。

おすすめは、クッキーです。

全粒、またはそれに近い穀物がたくさん入った、ソフトクッキーです。

フレーバーは、「オートミール&レーズン」「オートミール&ダークチョコ」「チョコ&アートモンド」の3種があり、どれもおいしいです。

チョコレートが入っていない「オートミール&レーズン」のほうが、若干カロリーと甘味が少ないです。

直径約7センチで、厚みのあるクッキーが8枚入って3.5ドルほど。個別包装になっていないのがちょっと難。

ハワイのお土産16位 ホノルルクッキー

パイナップルの形をしたクッキーでおなじみの、ホノルルクッキーカンパニー。

たくさんのフレーバーがあり、緑と茶色のきれいなパッケージが特徴です。ワイキキやアラモアナ、ホノルル空港に専門店があります。

ショートブレッドクッキーでコクがあり、お味もよいのですが、値段が高いのが難。味とパッケージの良さで、目上の方のギフトにはよいと思います。

ハワイのお土産系クッキーでは、ほかに「ビッグアイランド・キャンデー」「クッキー・コーナー」があります。3つお土産クッキーの中では、ホノルルクッキー・カンパニーが食感・味ともに一番おいしい・・・と思うのは私だけ?!

スポンサーリンク

ハワイのお土産17位 ミセスダッシュのシーズニング

ミセス・ダッシュのシーズニング(調味料)は、アメリカではとてもポピュラー。

塩を使っていなくて、ガーリックやハーブなど、絶妙なスパイスの配分が料理を引き立ててくれます。

パスタ、サラダ、チキン、肉、魚・・・いろいろ使えて、プロの味に近づけてくれるので、とても重宝。

種類がたくさんあるので迷ってしまいそうですが、「オリジナル」がおすすめです。

ハワイのお土産18位 スタバのご当地カップ

スタ―バックスのハワイデザインのカップは、ハワイ限定のお土産品として人気があります。

こちらの写真は、
上はハワイ島のキラウエア火山、下はワイキキがモチーフ。

普通のカップって柄が一方だけについていたりしますが、このカップは柄が外周にぐるっとデザインされているのがいいところ。
右手でもっても、左手でもっても、異なる模様が楽しめます。価格は約13ドルです。

こちらは、セラミックのタンブラー。2016年に発売された「ブルー・パームス」シリーズ。
価格約17ドルです。

ハワイのスタバでは、ほとんどの所で置いています。ホノルル空港にはゲート近くにもスタバのお店があるので、出発前でも購入可能です。

ハワイの限定マグカップの詳しい情報は、こちらでも見られます↓
ハワイのお土産雑貨~自分用に選びたい限定マグカップはコレ!

ハワイのお土産19位 エコバック

ハワイでは色々なショップが、オリジナルデザインのエコバッグを作っています。

価格99セントからちょっとお高めなものまで、お土産用や思い出のマイバッグに選んでみてはどうでしょう。

こちらは、ホールフーズの布製バッグで、約14ドル。

ROSSやT.J.Maxxでは、こんなエコバッグがたくさん並んでいます。
このようなバッグがわずか99セント。
ROSSでは品切れしていることがあるので、好きなデザインに出会ったら即買いがおすすめ。

ハワイのエコバッグ情報はこちらでも見られます↓
ハワイのエコバッグ!人気のホールフーズからおしゃれ格安品まで大調査

ハワイのお土産20位 ロレアルのマスカラ

ロレアルのマスカラはかなり優秀。マスカラをつける先端部分が太くて塗りやすく、しっかり&くっきりつきます

価格は約9ドル

以前、クリニークのウォータープルーフを使ったことがあるのですが、滲んでパンダ目になってしまいました。ランコムは優秀で滲まなかったのですが、価格はちょっと高。

それに比べてロレアルは、よくつくのに安くて滲みも少なく、お土産でも評判がよかったです。(ウォータープルーフもあります)

ハワイのお土産21位 ディフューザー

女性の方へのお土産に、お部屋の香り「ディフューザー」はいかがてしょうか?

ROSSやT.J.Maxxで、このようなディフューザーが5、6ドルで売っています。パッケージが美しいので、女子ウケもいい!

また、お部屋や枕元にスプレーして、癒し効果のあるこんな商品もあります。
手のひらサイズなので、お土産として持ち帰りやすいです。価格4、5ドル程度

ディフューザーや香りのお土産品の詳しい情報は、こちらからも見られます↓
ハワイの女性向けお土産♪安くて上品、感動の癒しグッズ8選

ハワイのお土産22位 ベビー・子供服

アメリカの子供服はデザインが可愛くお手頃価格なので、小さな子供さんのいるご家族にはほんとうにおすすめ!

カーターズ、ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、トミー・ヒルフィガーなどのブランドを買うには、ROSSとT.J.Maxxがお買得だと思います。

こちらは、子供服で人気ブランド「オシュコシュ」。

定価6ドルがT.J.Maxx価格で3.99ドル、さらにクリアランスになって3ドルまで値下げされていました。

また、ウォルマートでもディズニーキャラクターや、ハワイアン柄のかわいい子供服がたくさんあります。ぜひチェックしてみてはいかがでしょう。

アメリカの子供服は、写真を見るだけでもかわいいですよ。価格も注目モノです↓
ハワイで買いたいベビー服!カーターズならT.J.Maxxが超お買い得
ハワイのベビー服が安くて可愛いすぎる!おすすめドレスを公開

ハワイのお土産23位 コーチ

日本の価格と比べて安く買えるブランド品、といえば「コーチ(Coach)」。

アウトレットや、デパートのセールによっては、日本の正規価格の3分の1ほどで買えたりします。

こちらはリバーシブルで使えるトートバッグ。ワイケレ・アウトレットで、199ドルの半額で販売されていました。

こちらのチャームは定価75ドルが、アウトレットで19ドルです。

また、ワイケレ・プレミアムアウトレットでは、メンズ・コーチも別店舗があります。男性向けのお土産も、お得にお買い物できますね。

アウトレット情報はまとめてこちらでチェック!↓
ハワイ・ワイケレアウトレット情報

さいごに

いかがでしたか?
ハワイのおすすめのお土産23選をランキング形式でご紹介しました。

海外からのお土産に関しては、持ち込み禁止や検査が必要なものがあります。
肉製品はエキスが入っていても禁止。また、ナッツはスパイスは持ち込みに検査が必要です。
詳しくは、>>こちらでチェックできます。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

 - アメリカ旅行, ハワイのショッピング, ハワイ全般