やすみんのハワイブログ

アメリカ生活20年のハワイ住民がハワイ・アメリカ、旅行や暮らしの情報をお届けします♪

パールハーバーの観光!料金・時間から予約、注意点まで詳しく解説

      2017/05/25


ハワイ、パールハーバー。

別名「真珠湾」の美しい入り江には、次の4つの観光地があります。

  • アリゾナ記念館
  • 戦艦ミズーリ号
  • ボウフィン潜水艦博物館
  • 太平洋航空博物館

中でもアリゾナ記念館と戦艦ミズーリ号は、ハワイの観光に欠かせない人気の地。


ここへの観光するには、ちょっとしたコツを知っておくことで、時間や予算、満足感に大きな違いが出ます。

私自身、何度もリピートするうちに
「もっと早く知っておけばよかった!」と思うことがたくさんありました。

そこで、パールハーバー、アリゾナ記念館へお出かけのあなたへ、すぐに役立つ見学のコツと、リピーターの私のおすすめの情報をお届けします。

特に、個人で行かれる場合には、必ず目を通して頂きたい情報をまとめています。
知っておくとスムーズに行動でき、心に残る観光ができますよ。

この記事は、アリゾナ記念館、戦艦ミズーリ、ボウフィン潜水艦博物館、太平洋航空博物館への観光の出発地、パールハーバー・ビジターセンターへ行くアクセス方法からスタートします。

料金や営業時間、チケットの事前予約や当日券の入手など、ピンポイントで知りたい部分は、下の目次をクリックするとジャンプして見ることができます。

では、さっそくパールハーバー観光へ出かけてみましょう。

スポンサーリンク

パールハーバー・ビジターセンターへの行き方

アリゾナ記念館、戦艦ミズーリ号、ボーフィン・サブマリン・ミュージアム、太平洋航空博物館へ行くには、パールハーバー・ビジターセンターが観光の出発点になります。

アクセスの種類をざっと比較

パールハーバー・ビジターセンターへは次のようなアクセスの方法があります。比較のためにおよその料金を載せました。

※オプショナルツアーには、戦艦ミズーリ入場料27ドル(4~12才13ドル)含む

おすすめはザ・バス!

この中で私のおすすめは、圧倒的に安いハワイの市バス「ザ・バス」です。

おすすめの理由は安さのほかにも、ワイキキにバス停が多い、運行本数が多い、バス停が分かりやすい、乗り換えなしで行ける・・・という便利さがあげられます。

デメリットとしては、乗車時間がタクシーに比べて30分程度余分にかかる、座れないかもしれない・・・ということです。

座れないかもしれない、について。

バスの始発はカピオラニ公園付近です。ワイキキから乗る場合は、始発のエリアに割りと近いので、座れる確率がちょっと高そうです。座れる確証にはつながらないのですが・・・。

ザ・バスで行かれる場合には、下をクリックしてください。バス停の場所、乗り方、降り方、すべて写真入りで詳しく解説しています。
 ↓ ↓ ↓
パールハーバーへの行き方!ザ・バスのアクセス方法を詳しく解説します

レンタカーでの行き方

ハワイに着いてからすでにレンタカーを借りている、という方もいらっしゃいますよね。その場合は、こちらをどうぞ。

ワイキキからパールハーバーまではおよそ30分。ビジターセンターの駐車場は無料です。

ワイキキからパールハーバーへの行き方

最寄りのフリーウェイ入り口からH1・Westへ進む
  ↓
そのままH1を20分ほど走行(途中H201の分岐点に入らないよう注意)
  ↓
出口番号 15A「Arizona memorial, Stadium(アリゾナメモリアル、スタジアム)」で降りる
  ↓
そのまま、まっすぐ99号「カメハメハ・ハイウェイ」を5分ほど進む
  ↓
「Kalaloa(カラロア)」の交差点を左折したところが、ビジターセンターです

↓こちらはH1からの出口のサイン

↓こちらは、左折する交差点の写真です。
小さいですが、左側に観光スポットを表すカメハメハ大王のサインがあります。

パールハーバーからワイキキへの戻り方

ビジターセンターを出てカメハメハ・ハイウェイを右折
  ↓
3つの信号を抜けると、正面にフリーウェイH1・Eastのサインが見えるので合流
  ↓
H1をまっすぐ20分ほど進み、23番「Punahou(プナホウ)」の出口で降りる
  ↓
Punahou(プナホウ)を右折
  ↓
Young(ヤング)を左折
  ↓
McCully(マッカリー)を右折
  ↓
まっすぐ進むと、ワイキキのカラカウアへ合流します

パールハーバー・ビジターセンターへの行き方は>こちらで検索できます。グーグルマップで、ビジターセンターに設定済み。
日にちを指定してバスの運行時間や番号も確認でき、予定を立てやすいです。

スポンサーリンク

アリゾナ記念館・戦艦ミズーリの料金と営業時間、所要時間

パールハーバー・ビジターセンターの営業時間は午前7時から午後5時までです。

アリゾナ記念館の見学はボートで渡って行います。ボートの乗車は午前8時が始発、最終は午後3時です。

1月1日、11月25日、12月25日の3日間が休日です。

アリゾナ記念館

アリゾナ記念館見学の所要時間は約1時間15分です。

シアター前に集合して23分の映像を見たあと、アメリカ海軍が運行する150人乗りボートでアリゾナ記念館到着。約30分の見学の後、ボートに乗って戻ります。
この合計がおよそ1時間15分です。
これには個人で公園散策、博物館の見学する時間は含まれていません。

戦艦ミズーリ号

戦艦ミズーリの営業時間は、午前8時から午後4時までです(6月~8月は午後5時まで)。

戦艦ミズーリはアメリカ海軍が管轄するフォードアイランドという島に係留されています。

ここへは、パールハーバー・ビジターセンター発着のシャトルバスに乗って行きます。シャトルバス15分おきに運行されています。
シャトルバスの往復とミズーリ号の見学で、ビジターセンター起点で2時間程度はみておくようにしたいものです。帰りのシャトルの混んで待つ場合もあります。

戦艦ミズーリの料金は、大人27ドル、4~12歳は13ドルです。購入するとレシートがチケットの代わりになりますので、失くさないようにしましょう。

日本語で説明してくれるガイドがいらっしゃいます。また、音声ガイド(日本語あり)の無料貸し出しもあります。

ボウフィン潜水艦博物館

「ボウフィン潜水艦博物館」(USS Bowfin Submarine Museum)は、パールハーバー・ビジターセンター内にあります。

営業時間は午前7時から午後5時。入場料は大人12ドル、4~12歳は5ドルです。入場料を払うと、音声ガイド(日本語あり)を無料で借りられます。

太平洋航空博物館

フォードアイランドには、「太平洋航空博物館」(Pacific Aviation Museum)があります。
営業時間は午前8時から午後5時。
入場料は大人25ドル、4~12歳は12ドルです。

●4つすべてに入場できるチケットは大人65ドル、4~12歳は35ドルです。

●アリゾナ記念館はアメリカ国立公園局による運営、他の3箇所はNPOによって運営されています。

●ハワイ州民には証明書提示でカマアイナ割引があります。

パールハーバービジターセンター案内図

パールハーバー観光の出発地点となる、パールハーバー・ビジターセンター。それほど広くなく、シンプルです。

主要な場所の位置関係を示す日本語の地図が見当たらないので、手描き案内図を作ってみました・笑。

大まかな感じでイメージをつかんでいただければと思います。
(青・黄・赤はワイキキ方面をつなぐ市バス「ザ・バス」のバス停です)

国立公園が発行する英語のマップは>こちらからご覧ください(PDFで開きます)。

↓こちらは、アメリカ国立公園局によるアリゾナ記念館の紹介です(英語・約3分)

アリゾナ記念館のボートチケットの取り方

バールハーバーの観光でだれもが訪れたい所が、アリゾナ記念館(アリゾナ・メモリアル)。
アメリカ国立公園の中でも無料で入場できる数少ない場所です。

アリゾナ記念館に向かうボートのチケットは、一日あたり4000枚。そのうち当日券1300枚が毎日先着順で一般開放され、残りは事前予約やツアーに充当されます。

ボートは8時から3時まで、15分おきの運行です(12時15分・30分は運休)(7時30分になる場合もあり)。当日開放される一般チケットは、ツアーや団体、プライベートイベントの予約以外の時間が割当られます。

予約なしでも取れるのか?

さて、ここで起きる疑問が、
「当日行って確実にボートに乗れるか?」ということです。

私自身の経験では、過去5回のうち4回とも乗れました(残り1回はグループ便)。
朝早め、午前中、午後2時に行きましたが、いずれも30分から1時間半ほどの待ち時間でチケットがとれました。

ただし、チケットが取りにくい・取れない、またはボートの乗船時間までの待ち時間が長くなる、ということも十分あります。

アリゾナ記念館はアメリカ人が多く訪れる観光地です。そのため、夏休み(6月~8月)、春休み(3月)、クリスマス休暇(12月)は特に混雑します。

チケット取得におすすめの時間帯

ボートの当日券の取得に、おすすめの時間帯があります。

それは、朝イチです!
(な~んだぁ、という声が聞こえてきそうですが)

ビジターセンターが開くのは午前7時で、ボートの始発は8時。
先着順ですので早く行くのがやはり確実です。

受付の女性の話しですと、「日中は暑いので朝がおすすめ」ということでした。

ウェブサイトから予約する方法

ボートのチケットは事前にネットで予約することができます。
専用サイトは>こちらです。

このサイトを下にスクロールした真ん中あたりに、「Book Online」という見出しがあります。ここに日にちと人数を入力します。

日にちの欄をクリックするとカレンダーが表示されるので選択。横の「# Tickets」には、人数を入力します。

すると、このような画面に切り替わります↓

空きのある時間が濃い青色で表示されますので選択し、日時と人数を確認、入力し、「Book Tour」をクリックして、次のページで支払い情報の入力などをします。

目当ての日に空きがない場合は「>>Next Available」を押すと、次に空いている日が表示されます。

ウェブサイトから予約するには、次のようなことを心得ておかれるとよいです。

●予約料が1ドル70セントかかる。

●希望日を入力しても、空きがない場合がある。

●ウェブサイトでは、翌日の空きが前日にリリースされる。例えば、今日が5月1日なら、5月2日の分の空きが表示される。(そして、この空きも早めにうまってしまう)

予約がスムーズにできるにこしたことはないのですが、なかなか希望日時と合わず、「これでは行ったほうが早いなぁ」という印象です。個人的には、朝、早めに行く・・・という選択が一番簡単なように思います。

ボートチケットの配布場所

ボートのチケットはビジターセンターに入ってすぐ正面のブースで取ることができます(この右側のブースでは、戦艦ミズーリ号、ボウフィン潜水艦博物館、太平洋航空博物館のチケットの購入ができます)。

日曜日の8時5分に入って、8時45分のチケットがとれました。

パールハーバーの荷物規制!持参できるものは?

ここまで、パールハーバーへ行く方法や、アリゾナ記念館行きのボートチケットの取り方をみてきました。

いろいろ情報を詰め込んだところで(笑)、さっそく実践!宿泊先のホテルから出かける準備をしましょう。

そこで・・・持って行く荷物について!

アリゾナ記念館はアメリカ軍が管轄するエリアになるため、持ち込みできる荷物に限りがあります。

アリゾナ記念館へ持ち込みできるのは、サイフ、携帯電話、小型カメラ、ボトル入りの水などに限られます。バッグも持ち込みできませんので、ほぼ手ぶらのような状態になります。

↓パールハーバー・ビジターセンターへは、次のようなものは持ち込みできません

ビジターセンターには、持参した荷物を預け入れる場所が入り口の右側「Baggage Storage」にあります。

預け入れ料金が荷物1つにつき4ドルです。家族やグループで行く場合も、なるべく少なくまとめられるようにして出かけましょう。

ちなみに、戦艦ミズーリ記念館のウェブサイトでは、持ち込み荷物の規制についての記述は、このようになっています。

手荷物制限:
セキュリティの関係上、ポケットにおさまる目安の小さな物を除き、かばん類のパールハーバー・ビジターセンターへの持ち込みは禁止されております。

持ち物:

(以下の物は、お持ちになることが可能です。)
財布、携帯電話、ペットボトルの飲み物、カメラ、ビデオカメラ、ジャケットなどの衣類、車椅子、ベビーカー、杖、傘、持薬
日差しが強い日には、日焼け止めを塗って来られることをおすすめします。また音声ガイド器をお借りになる場合は代表の方お1人の日本の免許証などをお預かりしますので、免許証をお持ちになることをおすすめします。

スポンサーリンク

ボート乗車までの時間を有効活用するには?

パールハーバー・ビジターセンターに着き、荷物を預け入れ、ゲートをくぐります。

正面のブースでボートのチケットを受取、時間を確認。表示された時間の10分前に、シアター前に集合しましょう。シアターはこの白いモニュメントの右手です。

集合時間までに余裕がある場合には、公園の散策、ミュージアム(シアター横)の見学をして過ごすとよいでしょう。その時に便利なものがこちらです↓

私が利用して「よかった!」と自信をもっと言えるのが、こちらの音声ガイド。

これは、ボートのチケットを受け取った左側のブースで7ドル50セントで貸出しています。
日本語のナレーションをリクエストします。

パンフレットに書かれている場所の番号を押すと、ナレーションが流れます。音声は数分で終わり、どこからでもはじめられます。

音声ガイドがあると自分のペースで回ることができ、説明も簡潔で分かりやすく、より理解が深まります。
個人で見学する場合には、音声ガイドは必須アイテムだなぁ~と思いました。

散策公園では、音声ガイドを聞きながらモニュメントを回ることができます。
1998年にできたフォードアイランド橋と、オアフ島の西のワイアナエ山脈が美しい風景です。

また、アリゾナ記念館のシアター付近には2つのミュージアムがあります。手前が「戦争への道」、奥が「アタック」をテーマにしています。
奥のミュージアムは、より個々の人々に密着した展示です。時間が少ない場合には、奥のミュージアムから見るとよいと思います。

ボートではここに座る~印象深い風景が見える位置

シアター前に集合後は、23分の映像を見て、ボートに乗ります。
行きのボートでは、向かって左側に座るとアリゾナ記念館が見えやすいです。

帰りのボートでは、最後尾に座るのがおすすめです。
ここに座ると、アリゾナ記念館の建物が横に広がって見え、来る時には見られなかった全景をとらえることができます。

ボートが進むにつれ、アリゾナ記念館の風景がどんどん小さくなっていきました。

食事と飲み物はどうする?ショップで買えるもの

ボートから上陸し、ビジターセンターに帰ってきました。
そろそろ、お腹がすくころです。

ビジターセンターから外に出ても近くにレストランなどありませんので、ここではビジターセンター内で食べられるものをご紹介します。

●ビジターセンターの売店に売っているもの
サンドイッチ(ハム、ターキー、ローストビーフ、ツナ、玉子など、各5ドル)、ブリトー6.5ドル、チップス、マフィン、スナック、飲み物(1.75~2.5ドル程度)

●ボウフィン潜水艦博物館側で売っているもの
ホットドッグ5ドル、ナッチョズ(トルティーヤチップスにとろけるチーズがかったスナック)5ドル、スープ5ドル、水やジュースの自販機2~2.5ドル程度
ここでは屋根の下で食べられる広いテーブルとイスがあります。

●戦艦ミズーリ号
売店では、ソフトクリーム、かき氷、スナック、飲み物などがあります。種類は少ないです。
ミズーリ号に向かって右側では、フードトラックがあります。

パールハーバー観光でおすすめの服装

パールハーバーの海底では、今でも犠牲になった人々が眠る聖地ととらえられています。

Tシャツや短パンでももちろんオーケーです。華美なものや、だらしなく見られるものは避けたほうが無難です(実際には、タンクトップ、ビーチサンダルなど色々な服装の人がいます)。

屋外ですので、帽子、歩きやすい靴で行くとよいです。UVカットの長袖など羽織るのもよいです。
寒い日には潮風も冷たく感じます。ジャケットを持参しましょう。

まとめと注意点

パールハーバー、アリゾナ記念館の観光のしかたについて、まとめてみました。

●当日のボートチケットは先着順です。日中は暑くなりますので、観光は朝イチで予定を立てるとよいでしょう。

●ボートの運行は、午前8時から午後3時までです。

●強風の場合、ボートの運行が中止になることがあります。運行は海軍の判断になります。
判断は海軍のフェイスブックで発表されます。

●シアターより先の携行品は、サイフ、電話、小型のカメラ、ボトルの水などに限られます。

●アリゾナ記念館の音声ガイド7.5ドルは、短い説明で使いやすく、理解が深まるのでおすすめです。

●帰りのボートは最後尾に乗ると、アリゾナ記念館の建物がよく見えます。

●食べ物や飲み物は、売店や潜水艦博物館付近で購入できます。

●この記事は、2017年5月の調査にもとづいています。

「ハワイ在住・やすみんのハワイブログ」におつきあいくださり、ありがとうございました!

あなたのハワイの旅が、たくさんのステキな思い出で満たされますように\(^o^)/\(^o^)/

パールハーバー、アリゾナ記念館をはじめ、戦艦ミズーリ号、太平洋博物館に関する情報は、今後も追加していきます。
またブログに訪れてくださると嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク

 - ハワイ全般, パールハーバー