ハワイ・バリオヴィンテージとティンカンメールマンのバスの行き方!

      2017/11/17


ハワイのバリオ・ヴィンテージ(Barrio Vintage)とティン・カン・メールマン(Tin Can Mailman)。

こちらは、ダウンタウンのヌアヌ通りに面しています。

ダウンタウンには、ステキなショップがたくさんありますよね。

今回は、バリオ・ヴィンテージとティン・カン・メールマンへ、ワイキキからバスで行く方法についてご案内します。

バスでダウンタウンへ行かれる際の参考にしてくださいね♪

スポンサーリンク

ダウンタウンへの行き方は2種類

バスで行く方法は次の2種類のルートがあります。

2番・13番に乗って、ホテル・ベソルで降りる方法

19・20・42番に乗って、ベレタニア・スミスで降りる方法

2つの違いはこちらです↓

2番・13番は山側を走ります。降りるバス停は、ホテル・ベソルの交差点です。降りてからティンカンメールマンまで徒歩1分です。

19・20・42番は海側のアラモアナブルバードを走ります。降りるバス停は、ベレタニア・スミスの交差点です。降りてからバリオヴィンテージまで徒歩3分です。

2番・13番のバスが少しだけ徒歩が少ないですね。

さっそく2番・13番のバスからみてみましょう♪

2番・13番に乗ってHotel・Bathelで降りる方法

Hotel・Bathel(ベソル)は、ショップに一番近いバス停。

このバス停で降りるには、ワイキキから2番または13番のバスに乗りましょう。

バス番号・行き先はこちらです↓

2番「School St - Kalihi Transit Center」

13番「LILIHA - Puunui」

2番または13番のバスには、クヒオ通りから乗ることができます。

2番・13番のクヒオ通りのバス停はこちらです↓
(2番のバスは、233のバス停は通りません。30番のバス停からカラカウア通りをまっすぐ進みます)

バス停では、看板にバス番号があるか確認して待ちましょう。

バス停横の番号をこちらのwww.allb.us/の検索窓に入れると、これから来るバスの時刻が分かります。

降りる手前2つのバス停です。このように進みます♪

ホテル・Alakea
  ↓
ホテル・Bishop
  ↓
ホテル・Bethel

バス停からティン・カン・メールマンまでは、このように歩いてください。

では次に、19・20・42番のバスについてみてみましょう。

スポンサーリンク

19・20・42番に乗ってBeretania・Smithで降りる方法

ここからは、ワイキキから19・20・42番のバスに乗って行く方法についてお伝えします。

19・20・42番のバスに乗られた場合は、ベレタニア・スミスで下車します。ここからショップまでは徒歩3分です。

乗るバス番号はこちらです↓

19番「Airport - Hickam」

20番「Airport-AZ Memorial-Stadium-Pearlridge」

42番「EWA BEACH via Arizona Memorial」

19・20・42番のバスには、ワイキキのクヒオ通りのバス停から乗ることができます。

19・20・42番のクヒオ通りのバス停はこちらです↓


バス停では、看板にバス番号があるか確認して待ちましょう。

バス停横の番号をこちらのwww.allb.us/の検索窓に入れると、これから来るバスの時刻が分かります。

降りる手前2つのバス停はこのように進みます♪

Alakea・King
  ↓
ベレタニア・Pali・ビショップ
  ↓
ベレタニア・スミス

バス停で降りてから、バリオ・ヴィンテージへはこのように歩いてください。

以上で、バリオ・ヴィンテージとティン・カン・メールマンへ、ワイキキからバスの行き方のご案内は終わりです。

次に、バスの乗り方についてご案内しますね。

スポンサーリンク

バスの乗り方・ご注意とご案内

バス停では、乗りたいバスの番号が記載されているのを確認して待ちましょう。

バスが来たら、バス番号だけでなく行き先名も確認してください。同じ番号でも行き先が違うものがたくさんあります!

また、バス停の金属の支柱に記載されている2~4ケタの番号は、バス停番号です。
バス停横の番号をこちらのwww.allb.us/の検索窓に入れると、これから来るバスの時刻が分かります。

一日5ドルのワンデイパスの購入は、料金をボックスに入れる前にバスの運転手に申し出てください。ワンデイパスの料金は、大人5ドル、6~17歳は2ドル50セント、5歳以下は無料(ひざに乗せる場合)です。

バスには両替機はありませんので、料金はきっちり用意しておきましょう。

バスは前から乗り、降りるのは前、後ろどちらでもOKです。運転手に近い前の部分はシルバー等の優先席です。

クーラーがきいて寒いことがあります。一番後ろの席は熱めです。

※地図は分かりやすいよう、簡略化しておりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

 - バス・交通